阪神淡路大震災から23年。

あれから、23年の月日が経ったんだなぁ。。と今朝、新聞やニュースを見ながら改めて色々、感じました。



息子たちが、震災のことを小学校で色々と学んでくるようになりました。
息子たちの話を聞きながら、改めて思い出す記憶。。

思い出したいような。そうでないような。。時には複雑な気持ちにはなりますが、蛇口から水が出て、布団で寝れて、普通の生活って実はとっても貴重で有りがたいね~~と、時折、口にしてしまいます。


私自身、倒壊した家屋、猛火に襲われる街並み、爆発する車・・助けられなかった命・・目前に見えることが、現実なのが信じられず、また、震災後は特に気丈で居なければと言う思いから、話題に上がったときは「大丈夫、大丈夫」と答えていた事を覚えています。

助かったから大丈夫。。という意味と。
なにより、自分に言い聞かせていた部分もあります。



息子たちにも命の尊さ、温かみや愛情、日常の大切さや、支え/支えられていることの有りがたさ等を伝えていけたら良いなぁ。。と思います。




年末のお話ですが、長男が救命救急士の体験に行きました。
2年生の次男は参加対象年齢に達していないので、参加できなかったのですが、真剣に見ていました。

実際の救急車内で、長男はAEDと心肺蘇生を体験しました。


a0259777_17282661.jpg


走行する救急車にも乗せてもらいました。

a0259777_17295876.jpg
裏面には名前入りの、認定書カードを貰いました☆

a0259777_17290250.jpg

a0259777_17274354.jpg
貴重な体験に、親の私も勉強になりました。



ご訪問、ありがとうございます。




トラックバックURL : https://momo0608.exblog.jp/tb/238213463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by momo-0608 | 2018-01-17 17:57 | Trackback