「ふとふり返ると」

私の大好きな文画文集を紹介させていただきます。
近藤喜文さんの、「ふとふり返ると」。

いつ購入したのかも分からないくらい、ずっと以前に、購入しました。

初めて手に取って見たとき、なんだか心が温かくなり・・。
愛読して、かれこれ数年が経ちました。

普段、気にもとめないような、日常の出来事や、風景、仕草。
それが、近藤さんの手によって、見事に表現されています。

a0259777_12565534.jpg


プロフィールでも書いてあるのですが、私はジブリ作品の中で、「耳をすませば」が大好きです。
そして、監督が偶然にも、近藤さんでした。

耳をすませば・・の主人公が、物語を書く為に、空想の世界へ行ったり、街を散策してみたり。
私の中学生の頃と、なんとなく似ていて・・。
(未だに、空想&妄想をよくしていますが・・♪)

そして、ご存知の方が多いと思いますが、街を見渡せる、階段のシーン。
似た場所を見つけると、いつも、「耳をすませば・・みたいな場所だね。」と、言ってしまいます。


けれど、残念ながら98年、近藤さんは48歳の若さで、お亡くなりになられました。


近藤さんが、スケッチブックに残された企画案に、こう書かれていたとの事です。



もし、このアニメーションを見て・・
「あんなところがあったら行ってみたくなった」と思う人がいたなら、
「それはどこかにあるのではなくて、あなたのいるところ、つまり、今、あなたの居る街(村)が、そうなのだ(そうだったのだ)」と答えたい。



これからも、ずっと、私は「耳をすませば」みたいな場所に出会う日を、楽しみにしています。


a0259777_12585545.jpg



にほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://momo0608.exblog.jp/tb/16241558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by momo-0608 | 2012-09-20 13:05 | Trackback | Comments(0)