アンティークレース髪飾り

朝、長男をバス停まで送り届けてからチクチク作製を始めます。

冬の朝の日差しが、とても穏やかで、とても気持ちのいい時間帯です。

次男が、ぐずるまでの、少しの時間の作業です。
布をこうして・・ビーズをこうして・・と考えるのに、私にとって、とても大切な時間です。

アンティークレースをポイントに、優しい雰囲気の髪飾りにしました。

a0259777_2328612.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


次男は長男が大好きです。

幼稚園から帰宅して、長男はお友達の家に行きたがり、足早に用意をし、近所の優しいお兄さんに迎えに来てもらい、出かけました。

まだまだ、一人でのお宅訪問は厳しい年齢の次男・・。

突然、外出した長男を、次男は慌てて追いかけました。
次男は玄関で、普段一人では履けない靴を、泣きながら必死に履こうとしていました。

お菓子で気を紛らわそうとしても駄目・・テレビも駄目・・。 

玄関先で、泣きながら「にぃやん~にぃやん~」と。
その声は、長男には届くことなく、ただただ、泣き響いていました。

次男を慰めながら、ふと、自分の幼少期を思い出していました。

ああ・・。私も、次男と同じ思いをしていたなぁ・・。と。



姉は昔から私にすごく優しく、お友達の家に行くとき、いつも、連れて行ってくれました。

けれど・・。

小学生1・・2年生くらいになると、姉にも、「姉のお友達」が出来ました。

出かけた姉を追いかけましたが、姉の後姿は遠く、私はとても寂しく感じました。

(そんな寂しい気分なのに、何故か私は小型犬に追いかけられました。
定休日の市場の中・・小型犬に追いかけられ・・。
恐怖のあまり寂しさも吹き飛んでしまいましたが・・。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
息子たち。

時には、玩具の取り合いで喧嘩をして・・。

いつも負けるのは長男で・・。

いつも、傷つけられて、怪我するのは、長男で・・。

頑固だけど、だだっこだけど、優しい長男を、次男は大好きです。



「にぃやんが幼稚園から帰ってくるのを、二人で楽しみに待っているからね。」



人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://momo0608.exblog.jp/tb/14725858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by momo-0608 | 2012-02-23 00:17 | Trackback | Comments(0)